So-net無料ブログ作成
検索選択

おもうところ。 [おもうところ]

…景勝殿の眼力すげー(ハウス食品・メガシャキ )。

そんなことはともかく。

最近は漫画にどはまりしています。
西炯子さん好きなんですが、亀の鳴く声と娚の一生面白いです。特に娚の一生。3月の新刊にもかかわらず、4月の頭には完売している店が多いみたいです。ふつーのマンガの品揃えの良い街の本屋でも、amazonですら完売でした。…基準違う?まぁ、紀伊国屋とかコミックファーストにはありましたが。
あと、タブロウ・ゲート(秋田書房・鈴木理華)とかflat(コミックブレイド・青桐ナツ)とかイルゲネス(コミックブレイド・石据 カチル)とか。
鋼の錬金術師も再アニメ化+22巻発売もありますしね。
増田出番が多い!ハボック再登場うれしいです。ちょい小汚くなってかっこえー。

ホモ本は単行本でも500円以上、ノベルズが多いのですぐ結構な金額になるんですが、漫画って安い。なんかお得感があるんで、買い過ぎそう。

名探偵コナンは50巻から買うのを控えているんですが、ちょっと違うのが読みたいので、この続きを買うのはまだまだ先になりそうです。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鑑識米沢守の事件簿 [収穫]

観にいってきました。

相棒劇場版と同時並行して起きた事件。
東京ビックシティマラソンの参加者から爆弾魔を探しているときに米沢が偶然見つけた米沢の元妻・知子。思わずマラソンの事務局へ行き、その住所を聞き出すが、その翌日知子は遺体で発見される。
しかし、知子は米沢の元妻ではなく、所轄の刑事・相原の元妻・知子だった。
捜査本部は自殺と断定するが、そのことに納得できない相原とともに知子の死の真相を突き止めることになった米沢。知子の勤め先である警察の外郭団体・青少年防犯協会に行き、そこで知子が理事長からのセクハラに悩んでいたという情報を手にするが、警察からの天下り先であることから圧力が…。

この映画、正直2時間ドラマだってもないくらい、地味なキャスティング。はっきり言うと主役が米沢さんだし、他に出てくる人も有名だけど、名脇役的な感じだし。
青少年防犯協会の同僚で片桐はいりさんが出ていらっしゃるんですが、六角さん・萩原聖人さん(相原役)・片桐さんがスクリーンいっぱいになったときになんか…微妙?

内容はえー…結構楽しかったです。正直相棒劇場版よりも好きかもしれません。

ただ、米沢さんちの証拠物件は誰によってどうやって奪われたのか、気になります。
nice!(0) 
共通テーマ:映画