So-net無料ブログ作成

かみなり [おもうところ]

月曜日の雷雨すごかった…。
会社で激しい雨漏りが…。

うちではそれが原因かどうかはわかりませんがモデムがやられました。
電話はIP使えるんですが、
ネットができませんでした。

火曜日に試しても駄目だったんでプロバイダーへ連絡して
たった今新しいモデムが届きました。
やったー!!
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

となりのトトロ [おもうところ]

次の日からしばらくは、鬱蒼とした、人気のない建物に向かって子供が叫ぶんだろうな。
「まっくろくろすけ出ておいでー!!」って。

昔っから気になってるんだけど、トトロの手触りってどんなのかな。
ネコバスはきっと猫なんで短毛種の猫のざらついたふわふわなんだろうけど。
トトロは…。
なんとなく吠えているときの口は…くさそう…?
ドングリ主食だからそんなに臭わないかな。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天使の情事 加納邑 [収穫]

コンビニでアルバイトをしている友希は公園で巽という男に出会う。
友希は隠れて描いている絵を巽に見られ、激しく動揺するが、巽に励まされる。ある日美術館で再会した兄に過去を激しく詰られて傷つき、巽の支えのもと、絵を描きつづけることにする。そんな中巽への恋心を自覚し、その気持ちを抑えられなくなるが、巽も応えてくれるのだが、すれ違ってしまう…。

誘い受けっていうんですかね。
基本押せ押せの攻め様が好きなんで、ちょっと好みと方向が違うんですが。
シンデレラストーリーです。乙女系。
結構受け様が積極的な気がします。

はじめてのHのところで挿入後「陰毛同士が当たって」ってあるんですが、お尻まで毛が…!!?

結局印象に残ったのはコレ。
nice!(0) 
共通テーマ:

苗字 [おもうところ]

ちょっとバクストが苗字ネタだったので。

私の苗字はよくあるようでないようなものです。
同姓の方は芸人や歌手にもいますし、学者にもいるけど、分かっている限りで他人です。どうやら島根に多いらしいので、名乗ると聞かれます。いや、違うんですがね。わかっているだけざざっと10代くらい遡っても兵庫県の大きめの農家です。

中学生くらいの時に興味があって、苗字と家紋は知っているんですが、偶然本家筋に近いものであっさりと遡れちゃったので、こう…萌えも夢もないって…ねぇ?そして祖父母は早くに亡くなった…てか親が末っ子だったせいもあり、何も聞いていないし、外孫だし、本家の伯父も亡くなったし。

でもなんか夢ですよね。ご先祖がどうだったのかって。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

狼伯爵 剛しいら [収穫]

ケダモノ3

北米で獣医をしている良宏はある夜、けがをしている狼を保護する。しかしその狼は人に変化し、番(つがい)となる同族を探していることと、良宏が番だと告げる。その狼人間カイルの生い立ちをつづった物語をよむうちに、良宏の血筋が狼人間のものであり、カイルが良宏の先代の狼人間に惹かれていたことを知り、ショックを受ける。

ケダモノ×ケダモノです。
でも獣〇も獣バージョンもないです。
剛さんの独特の飄々とした感じです。
カイルの生い立ちの下りはすきなんですが、良宏の生真面目さと諦めっぷり、悩み方が淡々とし過ぎてる気がします。
うー…ん。個人的には嫌いじゃないけど、売っちゃいますね。もともとそんなに相性はよくないんで。
nice!(0) 
共通テーマ:

藤岡藤巻 [おもうところ]

おっさん二人のフォークバンド(なのか?)です。
昨年のサラリーマンNEOで「息子よ」というコントで登場したのをきっかけにはまったのですが、この方たちが注目を浴びている…のかな。宮崎駿の「崖の上のポニョ」で歌っています。

きっかけの「息子よ」は秀逸です。
いいか、息子よ、という出だしで息子に語っているんですが、その内容が素晴らしい。
ひとつだけ言っておくことがある、といいながら結構言っているし、OAにはないのですが、社会に出たら3人の敵がいるというが本当の敵はうちの中にいるってのがサイコウ。
他にも「娘よ」とか「よろけた拍子に立ち上がれ!」も好きです。でもブルー通り越して真っ暗になるのが「23歳」。この曲は疲れているときに聞くと泣きそうになりますし、線路に飛び込みたくなります。危険です(笑)。

藤岡藤巻のお二人はもともと1970年代バンドをしてて、藤岡さんは元ソニー・ミュージックエンタテインメント所属の音楽プロデューサー。藤巻さんは博報堂DYメディアパートナーズ勤務。…伝説?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赫蜥蜴の閨 沙野風結子 [収穫]

関西の極道熾津組若頭の熾津臣は平穏という言葉とは全く無縁だ。

高柳商事大阪支社長高柳光己は養子だが、すべてにおいて人から羨まれるような生活を送っている。しかし実際はなにかと日々鬱屈していた。ある日、妻が浮気をしている動画で熾津臣からゆすられるが、臣に抱かれ、それを録画されてしまう。
それからも何度か関係を持ってしまったある日、八十島セキュリティサービスの八十島と折原と名乗る二人から熾津を陥れないか、と誘われる。そして東京の本社に出向いたときに岐柳組の組長に会い、弱みごと熾津をつぶすと言われて、光己はゆらいでしまう。
熾津に喰われるか、熾津を喰わせるか、そして臣が徐々に見せる過去とやさしさ。
結局は熾津を売らずに、高柳光己のすべてを捨て、臣とともに生きることを選択する光己。

…あー、うまく説明できません。
読んでくれ、というとレビューじゃ無いやん、ってことですが。

感想。
人前プレイが2回ありました。見られそうプレイもありました。さすが蜥蜴です(どこがだ)。
正直口絵はそんなにインパクトはないです(蜘蛛のがありすぎ、とも)。
攻×攻っぽい絵です。エロもあり、抗争もあり、子蛇が成長してます。
前作読んだ時は臣はもっとやな感じだったんですが、そんなやなやつではないです。
あとがきでおっしゃっていましたが、オマケ的ではあるんですが、まとめでもあるような気がします。

…どうもこれでこのシリーズは終わりのようですが、蜘蛛のカップリングが読みたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

獣の妻乞い 沙野風結子 [収穫]

けだもの2。

沙野さんフェアー中。
赫蜥蜴の閨を待ちながら読んでいました。
尚季は子供の時に、狂犬狩りしていた高校生に飼っていた犬のクロタを殺されたある日よく似た犬を助けるのですが、しばらくしてその犬は姿を消してしまう。それから8年後、高校生になった尚季は飛月という男に付きまとわれるが、ある日通り魔に襲われたとき、助けられる。そのとき通り魔を殺した飛月を家に匿うことになるのだが、凶暴そうな見た目に反して無邪気でやさしく、尚季を大切に思う飛月に惹かれていく。
だが、極秘の仕事に向かうにつれ、飛月が獣じみていくことに不安を覚える尚季。
そんなある日、大きな黒い犬が怪我をした状態で尚季の家の前にやってくる。
実はその犬は、遺伝子操作され凶悪犯罪人を抹殺するために人と狼を掛け合わせた「猟獣」姿の飛月だった…。

こっからさきは人に戻れなくなって始末されるしかないかもしれない飛月を愛の力(…)で人の姿にもどし、「猟獣」の仕事から引退させて一緒に暮らす、という展開になるんですが、もーこの飛月が戻れない、ってところがどうなるんだろうか心配になるような展開で。商業誌は基本ハッピーエンドですが、たまーにデッドエンドもあるから。

いやそれよりも。
獣姿の飛月とやっちゃうシーンが画期的。同人やネットでは見たことがあるんですが、商業誌で「獣〇」。
びっくりしました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: