So-net無料ブログ作成
検索選択

杉良太郎座長勇退公演 [おもうところ]

母と見に行ってきました。
杉良太郎好きなんです。遠山の金さんもいいけどめっちゃ古いので大江戸捜査網とか。右門捕り物帳とか喧嘩屋右近とかかなり見ました。
演目は拝領妻始末。どうやら記念すべき第一回目の演目だそうで。
話中で杉様「25歳」とかほざいてやがります(苦笑)。ありえねぇ。

あらすじ。杉様は親友の妹と恋仲になるけど娘は殿様に見初められて奥御殿に上がることに。
2年間城外での勤めを終えて城に戻ると恋仲の娘は城主の次男を生んで側室になっていたけど、殿ご寵愛の娘に狼藉を働いて殿の癇に障り、その場にいた杉様に下賜。
本当ならお腹様なので持参金とかつくんだけど殿様怒っているからなにもなしで下賜なもんで姑からはあたりがきついんだけど、それなりに数年経過。
世継が死んで娘の産んだ次男が世継になったことで娘を殿様のところに返さなきゃならないけど、返したくない&帰りたくない、で陰謀がうずまいて、杉様の家は断絶。娘(っつーか妻)は江戸屋敷へだまされて連れて行かれそうになるところでキレて大立ち回り→でも杉様死んでしまう。
というお話。

最後、めちゃくちゃさされているのになかなか死なない(何せ主役だし)。
そして血を吹くシーンがありまして。
私が見た日は3回吹いていました。すげー。
時代劇だし舞台だしでお約束で大げさだけどまあそんなもんかー。
第2部の歌謡ショーもいろいろやっていました。
すきま風(遠山の金さん)明日の詩(新五捕物帳)はわかったけどほかは微妙。
江戸の黒豹とか江戸の夜明けとかあったら良いんだけどね。

グッズもおもしろかったです。
遠山の金さんのDVDはともかくストラップって!!熊のぬいぐるみって!!

らしいとおもったのは募金1000円でサイン入りブロマイド(…)。
流石です。


誘惑2 [おもうところ]

先日まんだらけのHPの買取情報を見ました。
今日からマのつく自由業シリーズの応募者全員サービスのCD「マ王様と次男と三男、よくある風景。」(beans vol4)の買い取り価格(2000円)に動揺しました。

じつは応募して、未開封のが家に…。

さらにはドラマCDの「今日からマのつく自由業」初回生産版開封済だけどすべてそろっているの(6500円)とか、「炎の蜃気楼」の集英社から販売のCDブック(4作とも持っている)特に脚本書下ろしの「鷲よ誰がためにとぶ」の買い取り価格(1600円)が…!!
なぜ「鷲よ…」だけがいいんだかわからないけど、多分脚本書き下ろし内容だからかしら。かーなーりアレなんですけど。余談ですがアニメ前の炎の蜃気楼の音楽CD4枚も持ってます。桑原水菜なら「赤の神紋」CD2枚、谷崎泉の「しあわせにできる」CD2枚もあります。

…売ったらバブルよな…。